ノスタルジー

ペットの力

Rinteruブログにご訪問ありがとうございます!

我が家の家族、「むぎ」。まだ1歳4か月ほどの、やんちゃな男の子です♡

20170804_170805_0009

むぎは、香川県三木町の方から譲り受けました。引っ越しをしたら絶対飼いたい!という息子たちの希望でした。ジモティ香川版の掲示板に掲載されていた写真はこちら。

20170804_170805_0013

まだまだママが恋しい生後1カ月ほどの子猫でした。我が家に来てからは、私と息子2人で愛情いっぱいに育てているむぎ♡ 本当に癒されます・・・(*”▽”)

息子達にとっても、気分屋で甘え上手なむぎはかわいくてしかたない様子。もともと我が家は昔から動物好きな父の影響でいつもペットがいる家でしたのでDNAですかね~。近年ではペットブームに加え、医療でもアニマルセラピーが有名ですよね。アメリカでは刑務所内で犬を飼うというプログラムもあるほどです。

動物は、見た目のかわいさもさることながら「嘘をつかない」、ですからね!特に犬は飼い主に忠実で体全体で愛情表現してくれます。傷ついた人、さみしい思いをしている人、病で元気を失った人、心がすさんでしまった人、いろんな人に癒しを届けてくれるのだと思います。

私も小さなころから犬や猫と一緒に生活してきましたので、本当にたくさんペットたちから愛をもらいました!同時に最後は天国に行ってしまうので悲しい思いもしましたけど、それもいい勉強になったと思っています。

1つ1つの命に思い出がたくさんあります。

・どんちゃん   ・じゅり   ・ジャッキー

・ごろち   ・ぷっち   ・ぱんち

・しろちゃん   ・しまちゃん   ・ロッキー

・ぼんちゃん   ・しんちゃん   ・むねお

みんな我が家で育って旅立っていった子たち。懐かしいな~。

もし、今から家族を向かい入れようとされる方がいらっしゃったら、ぜひペットショップに行く前に地元の保健所へも行ってみてくださいね。香川県は特に殺処分が多いらしいです。私が小学生の頃は近所にいた野良犬も、今は全然見かけなくなりました。

私の実家の「はな」も保健所から我が家に来ました。

20170804_170805_0014

ドイツでは寄付で運営されている動物保護施設があり、成犬でも里親探しが行われ、原則として殺処分はありません。記事はこちら

こうゆう施設が寄付で運営されているということは、国民一人一人の意識が違うということだと思います。日本もこのような取り組みができる社会になってほしいと切に願います。

 

広告
ノスタルジー

みんな同じ

Rinteruブログにご訪問ありがとうございます!

少し前、お世話になっているお客様の旦那様が亡くなりました。私にとっては小学生のころの塾の先生でもあった方。そして、私の息子2人も教えていただきました。最近は具合が良くないと聞いていたので心配でした。いつも穏やかでニコニコ顔の印象しかありません。

先週は長男が帰っていたので、一緒にお悔みに伺いました。。遺影写真もやっぱりニコニコ顔の素敵な写真でした。長男は小学校の低学年までお世話になりましたが、先生のお宅に行くのはその時以来。裸足にサンダルで「こんにちは~~」とバタバタ階段を上がる思い出と、大きくなった息子が重なり懐かしくもさみしい気持ちがこみ上げてきました。

奥様が長男に言ったこと

「お母さんの言うことなんて聞かなくていいよ!やりたいことをやりなさい!」

人生の長さは人それぞれ違うかもしれませんが、いつでも会える、いつか行こう、また今度と先延ばしにしてしまいがちですが、人生がいつか終わりを迎えるのはみんな同じ。

1日24時間も同じ。私はのんびり屋なので自分にストレスをかけてスケジュールを詰め込むのは嫌いです、でも大好きなことだったら徹夜でもしてしまうかもしれません。

息子たちにも、「あ~楽しっ!」と生きていってほしいです。遊びが仕事になる、最近本当にそう思います。人生を楽しんでいる人に人も集まってきますしね(*’▽’)

有名なホリエモンの近畿大学でのスピーチの言葉。

【未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ】

この言葉はとっても好きです。親になると子供の将来に不安を感じ、過去の栄光にしがみつきがちになりますので(*_*)

母の日に、懐かしい先生の思い出に浸りながら・・・

ノスタルジー

あなたの黄金期はいつですか?

Rinteruブログにご訪問ありがとうございます!

新着商品を少しづつネットショップにアップしたり在庫整理をしながら聞く今日のBGMは“My Little Lover”。

みなさん自分の思春期や学生時代のほうが音楽を聴いたり、カラオケで歌ったりすることが多いかと思いますが、そんな自分の若かった頃に流行っていた曲って、聴いているとその時の思い出が蘇りますよね~♪

“My Little Lover”はそんな中でも特に印象深い歌手です。大学時代に友人と一緒に行くカラオケではみんな歌ってましたね~懐かしい( *´艸`)

その他にも安室奈美恵ちゃんや、小室ファミリー、ゆず、ミスチル・・・昔のヒット曲をついつい聴いてしまいます♪

大学時代の友人は私が一人暮らしをしていたこともあり、大学での4年間、多くの時間を一緒に過ごしたので今ではあまり連絡を頻繁には取らなくなりましたが、会えばそんな時間の経過を忘れるほど当時のまま付き合えて貴重な存在です。

あなたの黄金期はいつですか?

ノスタルジー

いいね!世界遺産に…

Rinteruブログにご訪問ありがとうございます!

私の住む善通寺市は空海のふるさととして知られています。小さな頃から善通寺というお寺は子供の遊び場。通称ガラン。

小学校の時は友達とよく「今日はガランで高鬼しよ~」なんて言ってたな(*’▽’)大きなご神木の周りを走り回って遊んでいました。

そして善通寺は四国八十八か所の75番。数年前から四国八十八か所を世界遺産に!という活動が続けられています。小さなころから身近にお遍路さんがいて、近所にはお遍路さんが泊まる宿もありました。

そんな四国八十八か所も最近では、若い方や外国の方も多く見かけるようになりました。確かに歩いて四国のお寺を巡礼するって大変なことですし巡礼を終える頃には出会えなかった自分自身に気づくことができるかもしれませんよね。

10年ほど前、調査会社のアルバイトで八十八か所の高松周辺のお寺ルートを歩いてまわり、トイレの有無をチェックするという仕事をしたことがあるのですが(笑)

天気のいいお昼の山道を一人で歩いていると、不思議なほど静かで木々の葉がかすれる音と自分の足音だけが聞こえ、どういったら言いか分からないのですが空気もしっとりとしていて、道をそれると元の世界に戻れないようか感覚に襲われた事を思い出します。

日本は八百万の神様が宿るといわれていますが、本当に不思議な感覚でした。

今日もたくさんの方が四国を巡礼されていることでしょう。世界遺産になることは地元の活性化にもつながり世界中の人々から注目されるので嬉しいことですが、ある程度四国四県の受け入れ態勢を整えてからでないと、きっと小さな田舎町がパニックになるかも( ゚Д゚)

ノスタルジー

きっと、ずっと、また

Rinteruブログにご訪問ありがとうございます!

昨日の夜は久しぶりに、11年勤めた会社の元同僚や上司との食事会でした。

IMG_0347

みんな相変わらず楽しくてバカ話から仕事の話まで、あっという間に最終電車の時間に…

私が退職してから約1年、長いようで短いようで、そして私にとってはとても濃い1年でした。先日まで働いていたお友達の会社でも、それまでの私では経験出来なかった事や、まったく新しいビジネスの世界を見せてもらい、自分でも少しは成長できたかなと思っています。

転職したり、自分のお店を持つ事で、貴重な出会いが沢山ありました。

幼馴染や大学時代の友人、元同僚、ママ友、そしてお客様。それぞれ頻繁に連絡を取ったり会ったりしているわけではありませんが、

きっと、繋がっていて

ずっと、心のどこかにいつもいて

また、会える

そんな心地よい仲間がいる事は幸せだな…と思った夜でした!

ノスタルジー

〜春風〜

Rinteruブログにご訪問ありがとうございます!

春の風が気持ちのいいお天気ですね。暖かい風にのった草花の香りが沢山の思い出を蘇らせてくれます…

春は入学式や卒業式、入社式、クラス替え、イベントが多く、暖かくなるこの季節はいろんな事を思い出します。

いろいろ心に残っている事がありますが、私の中ではやはり、大阪の大学に入学し、初めての一人暮らしの春が一番。

初めての大阪での生活にワクワクし、新しい出会いがあり、毎日が新鮮で刺激的で。地元では電車も少なく、あまり利用しなかったので、アパートの最寄駅の駅員さんに

「急行に乗りたいのですが、追加料金はいくらですか?」

なんて聞いたりして^ ^都会では同じ料金で乗る事が出来ることすら知らないままの生活。

懐かしいですね〜

当時は友達に囲まれて楽しく過ごしていたので、一人暮らしのアパートに帰っても全然寂しいと感じませんでした。

今では、息子2人に両親、兄家族が近くにいる生活、きっと息子達が巣立った後は寂しくなるんだろうな〜と思います。

今年の春風に吹かれて私も頑張ろう〜〜!

IMG_0327

 

ノスタルジー

そしてまた1年…

今年もきれいな桜の咲く季節を迎えました。

去年の今頃、長男が高校に進学。受験生としての1年は息子も私もドキドキハラハラ、そして彼のそれまでの人生の中で一番勉強した年でした。

入学と同時に寮生活をしている長男ですが、課題の少ない週末や長期休みには帰ってきます。今日はお昼に母に留守番をお願いし、迎えに行ってきました。たくさん桜の木がある校庭にはきれいな桜が今年も咲いていました。

入学して1年、学校にも寮にも慣れ学生生活を楽しんでいる長男。私はもともと春になったらお花見に必ず行くこともなく特に桜に対してもきれいだな〜と思う程度でしたが、長男の入学式で校庭に咲く桜と大きくなった息子の後姿は今でも鮮明に心に残っています。

こんなに早く離れて暮らすことになるとは思いませんでしたけど、今では先輩後輩や先生方に囲まれて生活する寮での生活はきっと素敵な思い出になることでしょう。卒業後は東京に行きたいとのこと、若い時は都会での生活は刺激的で魅力的ですよね!私も大学時代は大阪で生活したくさん楽しい思い出があります。

当たり前に行かせてもらった大学ですが、自分が子供を育てる親になり、それがどんなに大変なことか実感しています。

私が両親からしてもらったように自分の子供にもする事ができるか分かりませんが、そうでありたいと思います。

長男入学式の時に撮った桜

そして今年は次男が受験生!どうなることやら。。